no-image

第113回医師国家試験の直前に見直すと良さそうなトピック①

近年の傾向から、この部分は覚えておいたほうが良さそうなポイントを独断と偏見でまとめます。そんなの知らないよ、っていう人はおさえておいて損はないかもしれません。

今日は制限時間の24時までに2つ目を書けなかったので、また明日以降に取り上げます。

輸液

カリウム補正に関して

112C4で問われています。

末梢静脈路から1Lの維持輸液製剤(電解質組成:Na+ 35mEq/L、K+ 20mEq/L、Cl 35mEq/L)を投与する際、この製剤に追加できるカリウムの最大量(mEq)はどれか。

a 2  b 4  c 20  d 40  e 200

第112回医師国家試験Cブロック第4問

Point

  • 希釈濃度:40mEq/L 以下
  • 投与速度:20mEq/h 以下
  • 最大投与量:100mEq/日 以下

1Lの維持輸液に対して追加でカリウムを加える際、どれくらいなら加えてもいいの?という実臨床の現場ではよく使う話かと思います。覚えておくべきポイントは上記の通り(添付文書)で、投与濃度、投与速度、そして、1日最大量が決まっています。

一方、国試で問われることはないですが、中心静脈カテーテル経由であればもっと入れてokです。20mEq/100mL溶液、30mEq/100mL溶液、40mEq/100mL溶液を1時間で投与しても、血行動態の不安定化や不整脈の出現は見られなかったという研究結果もあります。

このあたりは施設ごとにルールが異なるため、施設基準に従って行います。

おまけ:低カリウム血症(血清K < 3.5mEq/L)

原因

  1. 細胞内シフト:ケトアシドーシス、周期性四肢麻痺、甲状腺機能亢進症、インスリン投与など
  2. 摂取量低下:低栄養など
  3. 腎排泄↑:Ald症、利尿薬、RTA、嘔吐など
  4. 腸管からの排泄↑:下痢など

おおまかに上記のような原因が挙げられるため、低Kを見たときの鑑別も上記を頭に入れて進めます。

  • 腎排泄はどうか? → 尿Kの評価を行いつつ、摂食状況、薬剤は?
  • RAA系はどうか?
  • アシドーシスはないか?(組み合わせとしては例外的)

心電図変化

低K血症で最も重要な合併症は、致死的不整脈かと思いますが、

  • T波平低化/陰性化、U波、ST低下
  • ST低下、PR延長

などを経て、VFに至ります。

個人的な国試への勝手なイメージですが、問題作ってる人って周期性四肢麻痺好きじゃないですかね?気のせい?

また、明日以降、国試に出そうなトピック妄想しまーす。